備えあればお湯が出なくても憂いなし!

ある日、シャワーを浴びようとしたら冷たい水しか出てこない…。
そんな経験はありませんか。

大概の場合はガス代の未払いだったりしますが、そうじゃない場合、例えば原因が「故障」だった時。
焦って慌ててとにかくガス屋を呼んで「何でもいいからさっさと修理して」とか「取り替えて」とか、お湯が出ないというだけで、結構なパニックになったりしますよね。
そうならないためにも、対処方法は事前に知っておきたいものです。

我が家の実体験に基づきまとめたこのサイトは、お湯と思ってシャワーから水を浴び「うひゃぇぁー」とか変な奇声を上げないで済むようにと、ちょっとした親切心から生まれました。
経験したことがある人は分かると思いますが、お湯だと思って浴びたものが冷たい水だった時の衝撃は、心臓が止まるかと思うほどビックリするもの。
このサイトのお陰で「水シャワーを浴びなくて済んだ!」なんて人がひとりでも現れてくれたらウレシイ限りです。

◆オススメ風呂釜業者ランキング

ガス会社ではなくなぜ取付業者なのか?

「お湯が出ない!」
そんな時には、まずガスメーターをチェック。不完全燃焼などの場合、復帰操作をすれば解決することもあります。
それでもダメなら…その日のお風呂はあきらめて、業者を呼ぶしかないでしょう。

都市ガスなり地域の業者なり、基本的にガスのトラブルの連絡先で思いつくのは毎月の検針票に記載のある会社ですよね。
でも対応が遅かったり、夜は電話が繋がらなかったり、ようやくやってきた調査員がいろいろ調べ、取り換えと診断されると料金は数十万もする場合もあります。
その提示金額にかなり驚くことは間違いありません。

しかし、専門業者なら対応はスピーディで価格を定価の半額以下に抑えられる場合もあり、サポートもしっかりしています。
特に価格面での違いは火を見るより明らか。販売・取り付けをしてくれるそんな業者とガス会社との見積もりをとると、ほとんどの人は業者側を選ぶというくらい。
ただ業者ならどこでもいいかというとそうでもなく、いい業者というのは「対応・実績・価格等」の条件が揃っているところがベストなんです。

このサイトはお湯が出なくなってから見てもいいのですが、できれば「そろそろウチの給湯器はヤバいんじゃないか…?」というくらいの人に、業者選びの参考 として見ておいて欲しい予習サイトです。
お湯が出なくなったらココに連絡」というのを、決めておくだけでも“イザ”という時は心強い味方になると思いますよ。

このページの上部へ