このページでは、入浴剤と風呂釜の相性について調べています。

風呂釜を傷める入浴剤とは

まっさらのお湯に彩りを加え、バスタイムを楽しくしてくれる入浴剤。温浴効果はもちろん、香りや色のバリエーションも多彩です。

ただし、浴槽内の水を内部に取り込み、循環させながら温める風呂釜のシステム※に、悪影響を与えることもあると知っておきましょう(※近年主流となっている「給湯器システム」と、「バランス釜」はこれにあてはまります)。

硫黄配合の入浴剤に注意

スーパーやドラッグストアなどで簡単に入手できる入浴剤は、ほとんどの場合、風呂釜を傷めることはありません。

ただし、以下の点に注意する必要があります。

  1. 硫黄(イオウ)配合の商品は、風呂釜に使用されている材質(ホーロー、ステンレス、アルミ、銅など)を傷める可能性がありますので、なるべく使用を避けましょう。
  2. 入浴剤入りの湯を追い焚きするのは、なるべくやめましょう。

1.に関しては、その温浴効果に生活習慣病改善なども期待できるため、なかなか魅力的なのですが、やはり金属への悪影響が気になるので、使用は避ける方が無難です。

2.に関しては、残り湯に含まれた入浴剤成分が、風呂釜内部に付着して悪臭の原因となる場合があります。入浴剤を投入した湯は、その日のうちに排出するものと考えておきましょう。

浴槽への影響にも注目を

入浴剤をひんぱんに使用することで、浴槽を傷めたり、汚したりする可能性もあります。

  • 浴槽に白浮きの汚れが生じ、洗っても落ちない

入浴剤、皮脂などの成分が浴槽に付着し、乾燥した状態。酸性系の専用洗剤で清掃する必要有。

  • 浴槽の底などにサビが発生する

入浴剤に含まれる鉄分の影響。薬局で販売されているシュウ酸(購入には印鑑が必要)で清掃する必要有。

  • 湯の高さに沿った汚れが残る

入浴剤に含まれる銅イオンの影響。アンモニア水で清掃する必要有。

いかがでしょうか?専用洗剤が必要な汚れとなると、つい面倒で放置してしまいがち。結果として浴槽には、どんどん汚れが溜まってしまいます。

入浴剤の使用は楽しいものですが、浴室システムの劣化を招くことにもつながります。使いすぎを避け、バスタイムが終わり次第、残り湯はすぐ排出。さらに軽く清掃する習慣をつけましょう。