このページでは、バランス風呂釜の構造について紹介します。

バランス風呂釜の構造

ガス式の風呂釜の主流は、時代とともに変化してきました。近年新築の際に採用されるのは「追い焚き付き給湯器」

こちらは一台で台所や浴室にお湯が送れるシステムとなっています。そのためお風呂の準備をするためには、浴室の壁に設置されたタッチパネルを操作するだけ。これはもはや風呂釜という呼び名がふさわしくない「一元管理」なのですが、便宜上いまだ風呂釜と呼ばれることも多くあります。

しかし、ひと昔前は「バランス釜」が主体でした。こちらはお風呂のために設置された専用の給湯システムで、浴槽に張られた水を内部へ取り込み、温めたうえで再び浴槽に排出するという、パイプを活用した循環システムになっています。

そして台所には、バランス釜と別に瞬間湯沸かし器が設置されるのが一般的でした。こうしたシステム誕生の歴史は1960年代までに遡ります。公団住宅が建設された際、全国的に普及したのです。

バランス釜の最大の特徴は、給排気口が室外に出ている構造にあります。このため、ガスの燃焼に必要不可欠な給器と排気のバランスが秀逸なのです。名称の由来も、その特徴にあるというわけですね。

バランス釜のメリット…一酸化炭素中毒の回避、追い焚き可能、電力不要

バランス釜のデメリット…浴室内の壁に大きな穴を開ける必要がある、シャワーの水圧が弱い、「まず種火を点ける」など操作が面倒

バランス釜は1990年代以降、衰退傾向にあるとは言え、全国的に見るとまだ相当数の家庭に残り、現役で活躍している様子。また、一部メーカーの現行品には、エコジョーズ/タッチパネル機能までを搭載した、最新型の外壁貫通タイプもラインナップされています。

バランス釜に付属する浴槽は大抵二つ穴式(自然循環式)で、その清掃法は一つ穴式(強制循環式)と異なったりします。特に賃貸住宅では、内外装ともにきれいにリフォームされているのに、浴室だけバランス釜というケースもよく見られますので、入居の際は風呂釜についても一応のチェックを。

バランス釜だからと言って避ける必要はありませんが、あらかじめ確認のうえで、事前に特徴や清掃法について知識を深めておくと、あとで慌てることもありませんよ。