空焚き注意!このページでは、風呂釜の正しい使い方を紹介します。

空焚きなど風呂釜の誤った使い方

使用者が風呂釜の扱いを誤ったために、不具合が生じることがあります。その代表例を見てみましょう。

空焚き

浴槽内に水がないことを確認しないまま点火した結果、空焚きとなり浴槽が変形してしまう。

異常着火例(その1)

浴室内の排水口が詰まり、排水が十分に行われていないうちに点火した結果、異常着火が起こり機器が変形してしまう。

異常着火例(その2)

バランス釜の使用前に種火がなかなか起きず、繰り返し点火を行った結果、風呂釜内部にガスが充満。異常着火が起こり機器が変形してしまう。

不完全燃焼

バランス釜の室外給気口を塞いでしまい、空気不足となってしまう。

近年の給湯器には空焚き防止システムなども搭載されていますが、上記のような、不注意による使用ミスがひとつでも起きると、給湯器や風呂釜は正常に作動しなくなり、大掛かりな修理が必要となってきてしまいます。

また、場合によっては火災や一酸化炭素中毒など、生命に関わる大事故を招くこともあります。ガスの力を利用した給湯システムの使用には、充分な注意が必要であることを、肝に銘じておきましょう。

風呂釜や給湯器の劣化によるトラブル

給湯器の寿命は10~15年。長く使用していると、何らかの問題が起きてくるのは、避けられません。またあまり使用期間が長いと、メーカーの保守部品に欠品が出てくる可能性もあります。以下のような故障が出た場合は、速やかに専門業者へ点検や修理を依頼しましょう。

  • お湯や水が出ない、お湯にならない
  • 給湯器の温度が安定してくれない
  • 煙や臭いの発生が気になる
  • 異音がする、振動する
  • 追い焚きができなくなる

なお風呂釜や給湯器に関して、素人判断による修理は危険。重大な事故を招く可能性があるので、避けてください。

また「一応動いているから…」と放置していると、ある日全く機能しなくなってしまうこともあります。冬季にお湯が使えないと、大変不便ですので、異状を感じたら早めに点検を依頼するようにしてくださいね。