このページでは、風呂釜の臭いの原因と対処法を紹介します。

風呂釜など浴室の臭いの原因

汗や汚れをすっきりと洗い流し、気持ちをリフレッシュさせてくれるバスルームに、イヤな悪臭が発生していると、憂鬱な気分になりますよね。以下のような発生源が考えられますので、チェックしてください。

風呂釜が原因の場合

水を温める風呂釜が、悪臭の発生源になることがあります。特に多いのが、二つ穴の風呂釜の場合。近年は浴槽に一つしか穴のあいていない「一つ穴」の風呂釜システムが主流ですが、二つ穴式の風呂釜を持つ浴室も、まだまだ数多くあります。

いずれの風呂釜も、冷たい水を風呂釜に送り込み、温めて排出するという循環システムに変わりはないのですが、二つ穴式はスピードが緩やかな分、特に追い焚きの際に、水分中の皮脂やアカが風呂釜内部に付着し、そこで増えた雑菌が悪臭の原因となるのです。衛生的にも好ましくないので、対策を講じる必要がありますね。

【対処法】

専用洗剤で、風呂釜内部を定期的に洗浄する必要があります。洗剤は市販されており、入浴後の残り湯を活用することで簡単に洗浄できますので、ぜひ積極的にトライを。

排水口が原因の場合

浴室内で発生した湯や水を排出するために、浴室の床には排水口がついています。ここに汚れが溜まると、浴室全体に下水臭さが充満してしまいます。

排水口の悪臭の原因…髪の毛、皮脂、垢、シャンプーや石鹸の残り

【対処法】

排水口のふたを定期的に外して、内部をよく洗浄してください。蓋の裏側にもヌルヌルした膜や体毛がこびりついているので、見逃さないように。使用済みの歯ブラシなどを使い、きれいに掃除するのがおすすめです。

また排水口のふたは、細かく長い穴の間から水を排出する形状が多く、取り外しにくいという欠点があります。裏側に湯アカがこびりついた状態で乾燥すると、固まって ビクともしなくなってしまうこともありますよ。

しかし、汚れを放置すると悪臭は強まるばかりなので、あらかじめふたの穴に結束バンドなどを通し、簡単に取り外せるようにしておきましょう。