ほとんどの家をカバーできる製品ラインナップ

パーパスの風呂釜ラインナップは「屋外壁掛」「屋外据置」「浴室外据置」「浴室内据置」とあり、給排気の方式などで細かくタイプが分かれています。浴室内に設置するタイプは不完全燃焼防止機能付のものや、薄型設計で場所を取らないものなど、浴室を快適に広々と使えるような製品が取り揃えられています。

屋外壁掛形の製品ではGF-123AWに注目。自動でお湯をはり、沸かし、保温できる機能を備えていて、省エネ基準達成率105%、エネルギー消費効率81%という高い数値でエコにも強く(目標年度2006年)、設置タイプが自宅と合うのならオススメできる製品です。

エコジョーズを生んだ開発技術

パーパスはその後の製品に大きな影響を与える業界初の試みも多いメーカーです。

1962年にワンタッチレバーで自動点火できる方式の開発を皮切りに、
・シャワー付(1966年)
・風雨に耐えられ屋外に設置できる屋外式(1976年)
・屋外の空気を吸って屋外に排気する安全性の高い浴室内設置屋外給排気式(1978年)
・浴室内設置タイプの不完全燃焼防止機能付(1998年)
といった、利便性や安全性などを向上させた製品開発は、業界でも一目置かれています。

今では普通の機能として受け入れられている液晶表示のデジタルリモコンを製品化したのもこの会社。
話題の製品エコジョーズの潜熱回収システムもパーパスから生まれたというから、開発力にすぐれているというのは間違いないでしょう。
アメリカにも進出しており、あちらでは「TAKAGI」ブランドとして販売されているそうです。